無駄を削ぎ落した、執筆集中マシン『ポメラ』(pomera)の魅力

「志」があり世のため人のためになるモノ
「魂」が込められ作り手の情熱があるモノ
「独自性」にあふれた便利で画期的なモノ
を厳選してご紹介するコーナーです。

かの有名なスティーブ・ジョブズが、東洋の「禅」の思想に影響を受けて、
「シンプル」を追究し、アップル社の製品開発に活かしていた、と言われていますね。
「iPhone」や「iPad」「iPod」「iMac」等は、
洗練されたシンプルなデザイン&直感操作で使えますよね。

 

今回取り上げている『ポメラ』(pomera)は、
さらに機能を削ぎ落した、「シンプル」な電子機器と言えるでしょう。
何と言っても「執筆のみ」。それ以外に使い道が無いですから、執筆に集中せざるを得ないのです。

 

これぞ断捨離。執筆機能のみの
シンプルな電子機器

まずは、実際に見ていただいた方が早いと思いますので、開発元の「キングジム」さんの公式サイトの動画をご覧ください。『ポメラ』(pomera)の最新版「DM200」です↓

 

 

基本的には、ワープロのような「執筆」に特化した電子機器ですが、
執筆した「原稿」をスマホやパソコンにスムーズに移せるように、以下の機能も付いています。

 

 

『ポメラ』最新版「DM200」の機能一覧

●「高性能変換ATOK搭載」
→入力した文章の文脈を判断し、かしこく日本語変換ができる。
●「多様なテキスト編集」
→見出し/フレーム/縦書き/反転など様々な編集ができる。
●「カレンダー」
→ToDoリストや、執筆スケジュール管理に役立つ。
●「Bluetoothキーボード」
→スマホ/タブレット等へ直接入力もできる。
●「QRコード」
→文章をQRコードに変換できる。アップロードに便利。
●無線LANによる「ポメラSync」
→文章をiPhoneやMacのメモアプリと双方向で文章編集できる。
●無線LANによる「アップロード」
→Evernote等にテキストファイルをメールでアップロードできる。

 

 

『ポメラ』(pomera)が、
本当に「必要な人」とは

 

実は、当メディア『志神』(ししん)の運営陣も、記事を執筆する際に、『ポメラ』を愛用しています。

 

執筆に特化しているだけあって、
「必要な人」
「必要じゃない人」
にハッキリと分かれるものだと思いましたので、お伝えしておきますね。

 

ズバリ、「必要な人」は、文章を書く人です。
「とにかく集中してサクサク仕上げたい!」という人向けです。

 

簡単に説明すると以下のようなイメージ↓

 

パソコンやスマホで作業をしていると、様々な「誘惑」があります。
●メールやLINEが届いてくる
●ネットニュースの更新情報が届いてくる
●YouTubeをついつい見てしまう
●SNSのタイムラインを見てしまう
などなど。そういったものを一旦排除したい方にはオススメです。

 

 

逆に、「必要じゃない人」は、
・特にそこまで文章を書かない人
・あるいは、すでに「集中」できている人
・スマホやノートPC等で満足できている人
です。

 

「集中して文章を書く」という明確な目的が無ければ、
使い道が無いかもしれません。それだけ機能が削ぎ落されています。
おそらく、興味本位で購入しても、使わなくなってしまうと思います。

 

ちなみに、当メディアでは、一つ前のバージョン「DM100」も継続して使っております。
かれこれ5年以上使っていますが、まだまだ活躍してくれています↓

 

ネット上のリアルな口コミ。
活用シーンをピックアップ

実際に、色んな人が使っているシーンを見ていただくと、イメージしやすいので、
いくつかピックアップさせていただきました。

 

 

●denki tamaさんによる活用事例●

 

 

●SHAKARIKIさんによる活用事例●

 

 

●TAKA1961さんによる活用事例●

 

 

まとめ。『氣』を「集中」する
アイテムの一つ

執筆集中マシン『ポメラ』(pomera)について、
取り上げさせていただきましたがいかがでしたでしょうか。
とにかく「集中」して、文章を書く人にとっては、最高のパートナーになることでしょう。

 

 

ちなみに、「集中」とは、エネルギー(氣)を使うこと。
「氣が散る」という言葉がありますが、様々な「誘惑」があると、文字通り、エネルギー(氣)散ってしまいます。

 

『ポメラ』(pomera)は、最低限の機能に削ぎ落されていますので、
「氣が散る」のを防ぐことができるわけですね。

 

 

しんしん
「集中」や、エネルギー(氣)については、
奥深いのでまた別の記事でも取り上げていくぜ。
最後まで読んでくれてありがとな!

 

 

【注意】シェアすると「ミニマリストだ」と周りに認識されます↓

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事