【5】さらなる「師」との出逢い。和の『叡智』を叩き込まれる

【肚真利】経歴ストーリーの第5章です。

 

事の方向性を考えた時に、小さな「違和感」が芽生え始めました。
「なんか、僕の進む道ではない氣がするな・・・」と。

 

「お金の稼ぎ方だけを教えていて、意味があるのだろうか?」

「僕の活動は、本当に人を豊かにし、幸せにしてるのかな?」

「そもそも、僕自身は何のために仕事をしているんだっけ?」

そんな疑問が頭の中をグルグルと駆けめぐり、悶々とする日々を送っていました。

 


そして、ある日。
人生の転機となる重大な決断をします。

 

 

●仕事って何?豊かって何?
葛藤する日々

時、色んな事業を展開していましたが、
「この仕事は、納得できないな。お金は得られるけど、違うな」
と思ったものは、どんどん辞めていきました。

 

これまで積み上げてきたものを、容赦なく手放していったのです。

 


仕事を減らしていけば、当然、収入も減っていきます。納得できる仕事だけにしぼった結果、月収10万円ほどに激減。ワンルームの家に引っ越して、最低限の質素な生活がスタートしました。

 

「いや、馬鹿じゃん!極貧生活に逆戻りじゃん!」
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、
なぜか僕の心はスッキリとしていて、清々しい氣持ちでした。

 

 

●手放した時に、出逢えた奇跡


をくくって新生活を送り始めた時に、奇跡的な出来事が起こりました。
僕が「裏方」として関わっていた、経営者の方のご紹介で、
たまたまご縁が重なって「ある人物」と出逢うことになったのです。

 


その「ある人物」は、古代日本の『叡智』を独自の理論で体系化している方で、
限られた方のみに、口伝(くでん)にて教えていました。
ただ、時代が変化する中で、より多くの方に活用していただきたいという思いから、情報の一般公開を考えていたようです。

 


情報の一般公開にあたって、
●メソッドを分かりやすくまとめられる人
●まとめるだけでなく、自ら実践して体現する人
を探していたそうで、僕がその候補の一人に上がったようです。

 


「これは面白そうだ!」
その話をいただいた瞬間、ビビビっと直観し、二つ返事でそのお仕事を引き受けました。

 

最初に伝授していただいたのが、「氣」の技術を応用した断食
断食をマスターしたおかげで、食費を月3000円以下に抑えることができた上に、集中力も大幅に上昇しました。月収10万円でも十分生活できる状態を確保しました。

 

「手放したら、手に入る」
これを肌で実感した、最初の体験でした。

 

●そして、現在へ。
精進の日々は続く・・・

「ある人物」こそが、現在お世話になっている「師」です。

 


古代日本の『叡智』の中に、全てが網羅されていて、
物質として見えるものだけでなく、「運氣」などの見えないものに関しても科学的に解き明かされていました。僕が抱えていた人間関係/お金との関わり方などの葛藤も、軽く吹き飛んでしまうくらいの内容でした。

 


今も様々な修行をしながら、日々精進しつつ、
彼の体系化した、古代日本の『叡智』を伝える活動をしています。

 


以上が、現在に至るまでのお話です。
全5章に渡ってお送りしましたが、いかがでしたでしょうか。

 


細かい体験談や氣づきについては、また別のコンテンツで発信する予定なので、
楽しみにしていただければ嬉しいです。

 

※ちなみに、「ある人物」のメソッドを公開しているメディアがコチラ
僕は、コンテンツの監訳及び事務局長として関わっています。

 

●おまけ。
ひと休みのエンディング音楽♪

ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます。
最後に、恒例の音楽シェアです。
のんびり聴きながら、くつろいでいただければ幸いです♪

 


真秀(まほら)
和楽器カバー『戦場のメリークリスマス』

 

楽曲は坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」。「和楽器アンサンブル 真秀」さんによる和楽器カバーです。和楽器の美しい音色が映える、珠玉の作品に仕上がっています。

 

今後どこかでご縁がありましたら、よろしくお願いいたします♪